1. TOP
  2. PROFILE

PROFILE

長富彩 - Aya Nagatomi


 profile.jpg

 


長富彩(ピアニスト)

1986年生まれ。2002年、東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コースに特待生奨学金を得て入学。

2005年よりハンガリー国立リスト音楽院にてバルトークやリストの研究者で世界的に著名なジョルジュ・ナードルに師事。2008年より米国に拠点を移して演奏活動を開始。同年、ニュージャージー州・プリンストン大学でのシンポジウムに奨学生として参加し、エドナ・ゴランスキーにターブマン奏法を学ぶ。2009年、NYのスタインウェイホールにてリサイタルを行い満席となった。

これまでに日本コロムビアより3枚のアルバムをリリース。3作目にあたる『レゾナンス~ホロヴィッツ・トリビュート』では、ホロヴィッツが恋したと言われる銘器スタインウェイ 《CD75》をレコーディングに使用。『レコード芸術』誌において特選盤に選出された。201411月にはYouTube200万再生を超えた「ラ・カンパネラ」を含むDVDAYA NAGA-TOMI IN CONCERT』をテレビマンユニオンレーベルよりリリース。月刊『stereo』誌にて特選盤に選ばれる。

201611月に、キャリア初となるベートーヴェン単独の作品集「Aya Nagatomi plays Beethoven」をリリース。

これまでに上海クァルテット、ウェールズ弦楽四重奏団ほか、数々のソリストとも室内楽で共演。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団、大阪交響楽団とピアノ協奏曲を演奏、好評を博している。2015UNIQLOの世界版フリーペーパー『Life Wear』 モデルとして起用された。

近年は作曲家の生涯を題材にした講座形式のコンサートを行うほかラジオのパーソナリティも務めるなど、演奏活動と並行してクラシックをより多くの人に届けるための活動も行っている。

 

Aya Nagatomi (Pianist)

 

Born in 1986, Aya Nagatomi studied at High school of Tokyo College of Music with special scholarship.

In 2004, she studied at the 9th Hamamatsu International Academy.

In 2005 she gave a recital at Oji Hall in Tokyo and continued her study with Professor George Nadl at National Liszt Academy in Budapest, Hungary and gave solo and chamber music concerts in Hungary.

 

In 2007, she gave recitals in Fukuoka, Osaka, Takamatsu and Tokyo with great success.

 

In 2008, her recital at Lutkin Hall in Illinois, USA was extremely well received, and her reputation has spread rapidly in the United States where she now actively gives performances.  Future concert plans include a recital in New York, Los Angeles and a concerto performance in Los Angeles.

 

In July 2008, she took part in the symposium at Princeton University with scholarship and received lessons by Professor Edna Golansky on the Tubman method.

 

In 2009, she gave a recital at Steinway Hall, New York City and received rave reviews.